トップページへ戻る
チニング!トップ > チニングををベイトフィネスでしない理由

流行りだけで手を出すとベイトフィネスじゃチニングが釣れないワケ

黒鯛・ベイトフィネス 最近いたるところで目にする「ソルトウォーター用ベイトフィネス」ロッド。チニング専用のものまで出ています。
元々バスフィッシングからチニングに移行したひとならまだしも、ソルトのルアー釣りでスピニングタックルしか使っていなかった人が恰好だけではじめるとその扱いにくい操作性に面食らい、慣れるまでまったく釣りになりません
本来ベイトタックルはスピナベやビッグベイトなど重たいルアーを飛ばすため仕様で、黒鯛(チヌ)狙いのように軽いルアーを遠投するにはスピニングに軍配が上がります。 トーナメントなどに参加しているプロのバサーがボートの上から軽いルアーで足元や近距離のカバーを狙うために考案されたものがベイトフィネスです。
最近ベイトリールも昔では想像もつかないほど恐ろしく発展してきているので、軽いルアーを投げられるようになったし、バックラッシュしにくいブレーキシステムや軽量スプールが開発され 以前と比べるとずいぶんと扱いやすくはなってきていますが、ベイトフィネスでも簡単にチニングできると思ってやると釣りにくいです。

はじめる前にベイトフィネスの特性を理解!

慣れの問題もあるでしょうが、単に飛距離を例にとっても同じルアーの重さなら断然スピニングの方が飛ばせます。
チニングでベイトフィネスを使いこなすためにはこの利点と欠点をまず理解しておく必要があります。
どんな場面で有効なのか、スピニングとのアドバンテージの違いは何か、ひとつひとつ比べて見ていきます。
  ベイトフィネス スピニング
ルアー適応重量 ベイトフィネス専用ロッドでなければ軽いルアーに対応できない ULなら0.8gから軽快に投げれる
タックル重量
(ロッドは同じ長さと仮定)
スピニング用と比べるとロッドのブランクスが若干重い 専用ロッドは非常に軽い
リール ベイトフィネス専用でなければフィネスとはいえない。バックラッシュする。 初心者でも扱いやすく。そこそこの機種で気にならない重さ
飛距離 軽いルアーはピッチングorフリッピングで20メートル前後まで。練習がいる 10g前後でオーバーヘッドで50、60メートルはたやすい
投げやすさ 手返しがいい。得意な近距離戦のためにテクニック習得が必須
ピッチング、フリッピング、スキッピングなど
プラッキングでの手返しの良さはやっぱベイトリールのほうが上。
感度 ロッドとリール全体をパーミングするので直感的にアタリをとりやすい 黒鯛(チヌ)ルアー専用ロッドなら何も問題ない
ライン ベイトフィネスの特質は軽いルアーを太いラインで投げられる点、フロロかナイロンが一般的。PEでもいいけどカックンバックラのときに切れてしまう。※あとで詳しく↓ 感度と飛距離で断然有利なPEが本質。扱いやすい。
チニング・ベイトフィネス
練習するならデイゲーム

どうしても使ってみたい場合は練習するなら明るい昼間のほうがいい。
【着水したらサミング】、このタイミングを見計らうのには暗い夜だと耳だけが頼りになるために初心者ではわかりづらい。
デイゲームで練習してから慣れてきたら釣れる夜に持っていく方が無難です。
陸からドラグをきかせ寄せて抜き上げるのはやっぱりスピニングに軍配が上がる・・・。
もっとわかりやすく言うとベイトフィネスの良いとこは
●軽いルアーを根が深い場所へ"太いライン"を使って送り込むことができる。
●パーミングするし感度は申し分ない。繊細のアタリのチニングには向いている気がする
●なんだかんだカッコイイ☆彡

ダメな点をあげると、
●遠投には不向き。慣れれば重たいルアーで飛ばせるがそれならベイトフィネスじゃなくてもいい。
●キャストテクニックを習得しないと釣りにならない。
●フィネス専用タックル(特にリール)は高価で気軽に手が出さない。
安いものだとフィネスとは言い難く、なんせ軽いルアーでは扱いにくい。上手い人は別。
結局、5g~10g前後の軽いルアーを使ったボトムコンタクトがメインで、プラグでもバイブレーションの15g前後があれば充分なチニングでは正直これといった理由がみつからない。
感度はベイトフィネスの方がいいけど、あくまで(高価なベイトフィネス専用タックル)を使えばの話であって、通常のバスロッドとベイトリールじゃスピニングの方が断然おトクでしょう。 どちらか片方だけ選ぶならスピニングでなんの問題もないんじゃないかと思うんです。
ベイトフィネスをこれまでのチニングスタイルとは違う楽しみ方として選ぶならOKですね!!
あと、沖へ投げる用と足元探るようにどちらも持ってランガンするなら、足元とか穴撃ち用に2本持ちの一本としてベイトフィネスは大いにありかもしれません。
私自身はバス用のものでやって試しての感想ですが、チニングでベイトフィネスにチャレンジするなら「あったら楽しい!」、「なくいても大丈夫」くらいの気持ちではじめて欲しいです。

■チニングでベイトフィネスする場合のライン選択

ベイトフィネスで使うラインはフロロカーボンが一般的だが、これは倒木などの激しいカバーを攻めるバスフィッシング時の横擦れに強いフロロでないとラインが破損してしまうことが多いからであって カサゴとか根魚狙うとか、根の深い場所を果敢にせめるならフロロがいいけど、ソルトウォーターではそれほど重要じゃない気がする。
それと自分がいちばん嫌いなのはフロロの【ヨレ】!巻きグセである。 そんなに遠投を必要としない足元探るのにフロロやナイロンだと巻きグセのおかげで、真下に落とすときもグルン、グルンと(表現が難しい…)、なんかドロン、ドロンと落ちていき スムーズにラインが放出されないので、1g~3.5g程度の軽いジグを使うときにやたら途中で引っ掛かる気がして自分は好きではない。ベイトリールで真下に落とすタイラバでもPEが主流なのは納得がいく。
ただし安易にベイトフィネスでPEを使うと、通称カックンバックラのときに一発で切れてしまう。これも結局ベイトフィネスのキャストが上手ければ何の問題もないのだけれど…。いきなりPEではじめてもバックらして切れたりまったくもって釣りにならない。
どうしてもこの巻きグセが嫌いでベイトリールでPEを使うときは切れにくい8本巻きの1号(18lb)以上のPEを使うべきです。ちょっと高価だけど高い分なめらかで強固でオススメ。 また、PEのほうが断然同じ強度でも軽くて細いので100m巻いてもスプールが重たくならずにバックラしにくく、感度と飛距離はアップします。
ただ、何度も言いますけどキャストの慣れが必要です。
使いこなすテクがないとただの宝の持ち腐れです。

買うならコレ!おすすめタックル

驚異の軽さ!自重130グラム。このモデルから海水対応
新着記事
チニング ペンシル おすすめ最新記事
チニング 秋の爆釣特集!プラグで釣れる食欲の秋のチヌ (黒鯛)
2017年チニング新作ジグ&ワーム・インプレ
チニングが釣れない人の打開策
チニング ラバージグ更新
夏のチニングを10倍楽しむ方法
チヌ (黒鯛) ルアー 落とし込み
チニングの冬のルアー選択
チニング デイゲーム
チヌ (黒鯛) ポッパーのアクション
チニング 春の釣果速報
超ハイパー主観的!チニング2016新作ルアー&残念だったNG集
ネガカリノタテ 自作
チニングをベイトフィネスでしない理由
チニングのワームのカラー今さら語ってみる!
チニング タックル
トップでチニングを成功させるための4つの条件
ポッパーのカラー
チヌ ポッパー
チニング 時期 シーズン
チニングの時期、釣れるシーズン?
チヌ ルアー 乗っ込み
チニングの冬の極意
チニング PEとリーダー
PEライン
リーダーと結束方法
チニング ロッド
アブガルシア エラディケーター ベイトフィネス カスタムエアー最新記事
メジャークラフト CRK-782ML黒鯛KR
アブガルシア KR-X 黒鯛SKS-782PL-KR
メジャークラフト コルザ CZS-702ML
ダイワ エアエッジ 682MLB インプレ
オリムピック ヴェローチェネオ GLVNS-692ML
チニング リール
シマノ 16 ヴァンキッシュ 2500S
シマノ 16アルデバラン BFS XG
シマノ アルデバラン 50 / 51
チヌ (黒鯛) 写真素材
チヌ (黒鯛) 無料写真素材
チヌを釣って食らう!
チヌ(黒鯛)料理 レシピ&さばき方
その他釣り情報
タイラバ
シーバスX

QRコード